一戸建て住宅にダクトレール照明を推奨

わが家はリフォーム工事で一戸建て住宅にダクトレール照明をつけたのですけれど、これがものすごく良かったのです。ダクトレール照明と言いますと、オシャレなカフェでよく見かけるといったことを思う人もいるでしょうか。まあざっくりと言ってしまえば、スポットライトの照明がレールにつけられているのが、いわゆる「ダクトレール照明」です。非常にざっくりとした説明ですが。

それでこのダクトレール照明のいいところは、レールの長さが許す範囲内であれば、いくつでも照明を増やせるところです。それになにもダクトレールにつける照明はスポットライトタイプの照明でなくてもいいのですからね。うちの兄の家なんかは、普通のランプを器具をかませてダクトレールにつけています。それが非常にいい感じです。

もちろん、ダクトレール照明を使うためには電機工事が必要ですので、新築で家を建てる場合はあらかじめ家の設計士さんに言っておく必要がありますので。そして中古住宅をリフォームして住むという人も、リフォームを請け負う業者に希望を伝えておくのがいいでしょう。

とはいえ、それほど手間なくダクトレール照明は入れられますからオススメです。灯数で部屋全体の明るさの調整ができる上に、スポットライト照明にすれば明かりの向きも変えられますからね。非常に便利な照明なんです。